心に安心を与えてあげること


f0062579_17515951.jpg
























またまたKちゃん登場^^
ごはんをわざと落としたりしながら、食べる姿を見ると
我が子にも、こんな大変な時期もあったよなぁ、としみじみ思う^^
いつの間にか成長したもんだ。


息子は、まだ一人でトイレに行くことができません。
家の中でも、怖い場所がたくさん^^;
朝はまだ行ける。
その代わり「歌をうたって!」と言ってくる。
私と娘が、居間から大声で歌を歌ってやると(ポニョ)、
一人で行ってくる・笑
夜は、私がついて行かないと怖くて絶対無理!

あまり育児本とか読みませんが
先日読んだ本に、こんなことが書いてありました。

「怖がりな状態を示している子には、求められたら
いつでもどこでも気前よく応じる覚悟をして
十分につきあうことが先決。
「訓練」しようとするほど、一人でできなくなる。

もし仮に、「訓練に成功」した感じを持つようであれば
子供の心の根っこに、どうしようもない不安の核を
刻み込んだ瞬間であったと、反省しましょう。
思春期に仕返しがこないとも限らないのです。
人は心が温まると強くなるのです。」


なるほどなぁ・・・。
我が子より、もう少し小さい子を指すような特集でしたが
それでも、どきりとする文でした。
思えば、「何で怖いの!?怖くないの!一人で行きなさい!」
と突き放したこともあったなぁ。

まだまだ、いっぱい怖いことがあるし
いっぱい甘えたい年頃。
もっと子供の心に寄り添って、子供の心に
たくさんの安心を与えてあげれば
自然に自立していくんだろうな・・・。
そんなに急いで、「しっかりさん」を目指さなくても
いいんだよね。
のんびりゆったりと、子供の成長を見守りたいです^^

[PR]
by aya_a33 | 2009-02-01 17:03 | こども


<< 最近のこと 朝食 >>