なつかしい


f0062579_0301792.jpg


















小学生の頃読んでいた、なつかしのマンガ・・・
大好きだったのは川崎苑子さんの「土曜日の絵本」
4人のこどもたちの、ほのぼのと癒されるお話。
主人公のミクちゃんは、男っぽくてけんかっ早くて
意地っ張りだけど、本当は純粋でやさしい心の持ち主。
読んだあと、じーんときたり、幸せな気持ちになれるようなお話ばかり。
文庫サイズとして発売されているみたいです。

同じく川崎さんの「麦子さんの時間割」。
主人公の高校生、麦子さんはドジな女の子。
ほのぼのとした日常の中にも、人間の奥底にある
正直な心みたいなものが垣間見れて
すごくおもしろかったのを覚えている。
これは残念ながらほとんどなくて、あってもすごく高かったり・・・。
大事にとっておけばよかったなぁ。


昔のマンガって、本当にほのぼのとしていたなぁと思う。
大人になった今読み返すと
きっと忘れかけていた純粋な気持ちを思い出させてくれそう^^
みなさんのなつかしのマンガは何だろう??



どことなくレトロな感じの牛乳は
おみやげにもらった蒜山高原のもの。
生クリームっぽい濃厚な味。
ひさしぶりに飲む、びん牛乳。
口にあたるびんの厚さが、なつかしい感じ^^

[PR]
by aya_a33 | 2007-05-29 23:43 | くらし


<< フィナンシェ スライドショー >>