悲しい事故

昨日、隣の小学校の1年生の女の子が
友達と田んぼの用水路で遊んでいて流され、
近くの貯水池で見つかって亡くなりました。

その子の名前を聞いてびっくりしました。
息子が年少のとき、同じ幼稚園に通っていたからです。
1年間だけ、同じクラスでした。
特別、親しかったわけではないけれど
顔もよく知っているお友達が、こんなことになるなんて・・・。
涙が出ました。

お母さんやお父さんは、どんな気持ちだろう・・・。
身近でこんな事故が起こると、
同じ歳の子をもつ親として、他人事ではなくて
胸が痛くてなりません。

息子も、子供たちだけで外遊びをすることが増えてきたので
よく言い聞かせておきました。
子供が成長して、親の手から離れていくことは
喜ぶべきことでもあるけれど
それだけ、心配も大きくなってきます。


六年間という短い人生で終わってしまったHちゃん。
ピカピカの一年生がはじまったばかりだったのに
本当にかわいそうでなりません・・・。
ご冥福をお祈りします。

[PR]
by aya_a33 | 2008-05-27 10:12 | こども


<< 涙のお別れ 歩いて・・・ >>